ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和にかえりたい... > 白いご飯がごちそうだった 俳優・菅原文太さん です。

昭和にかえりたい

白いご飯がごちそうだった 俳優・菅原文太さん

インタビューに答える俳優の菅原文太さん=東京都千代田区で小出洋平撮影
インタビューに答える俳優の菅原文太さん=東京都千代田区で小出洋平撮影
俳優の菅原文太さん=東京都千代田区で小出洋平撮影
俳優の菅原文太さん=東京都千代田区で小出洋平撮影

 家族がちゃぶ台を囲み、ご飯を食べる。そんな光景が懐かしい。いつでも何でも手に入る飽食の時代だけれど、便利でもなく、豊かでもなかった「昭和の食卓」と、その時代を振り返ってみたい。まずは、日本の主食「ご飯」を巡る、この方の話から--。【坂巻士朗】

 ◇食卓に格差…食料自給率40%切り

 ◇これが日本人の幸せなんだろうか

 米どころの宮城県出身だから、家は田んぼで囲まれていた。手で稲を植え、かまで刈っていたころだよ。おれは妹と2人だったけれど、近所には10人、11人兄弟もいた。

 あの戦争のときだって、最初のころはご飯はあった。ただ、真っ白じゃあない。三分づきかな、ちょっと黒っぽかった。米粒を削って減らすのはもったいない、というのはあったんだろう。そして、時代への遠慮もあったんじゃないか。都会では食べられない人がいっぱいいる。白米なんてぜいたくだ、と。

 1944(昭和19)年ぐらいになると、田舎でもご飯に大根や芋を入れるようになった。戦後しばらくの間も、白米はあまり食べられなかった。木の箱に鉄板を取り付けて作ったパン焼き器で、練ったとうもろこしの粉を焼いて、妹と分けたり。県立仙台一高に通ったときも、朝昼晩いつもコッペパンだった。それでもやせ細りもしなかったから、人間不思議だよねえ。

 役者になりたてのころは、ご飯がごちそうだった。三船(敏郎)さんの「七人の侍」が大ヒットしたのが54(昭和29)年。映画界は盛り上がったけれど、おれは金がないから、米だけ買ってアルミの鍋で炊いていた。のりのつくだ煮だけをおかずに何カ月も。しょうゆだけの日もあった。それでも、炊きたてのご飯はおいしかった。

 ご飯というと、小さな人形を思い出すんだ。NHKの大河ドラマ「徳川慶喜(よしのぶ)」で、慶喜の実父、水戸(徳川)斉昭(なりあき)の役をやったとき、訪れた弘道館という藩校に飾ってあった「農人形」だ。斉昭公が食事の度に、人形にご飯粒を供えて、農家の人への感謝を示したんだ。質素なわんを使い、一汁一菜の生活を貫いたと言われる人らしいね。立派な日本人だよ。

 今では街にレストランやすし屋が華やかに並んでいるけれども、その裏では仕事にも給料にも、そして食卓にも格差がある。ミシュランの三つ星のような、ぜいたくなレストランのある一方で、300円の弁当しか買えない人がいる。食料自給率も40%を切った。主食の米の値段が下がって、休耕田が増えていく。こういうのが、日本人の目指してきた幸せなんだろうか。白いご飯がごちそうだったことを、もう一度思い出したい。そう思うな。

………………………………………………………………………………………………………

 ■人物略歴

 ◇すがわら・ぶんた

 1933(昭和8)年、仙台市出身。58(同33)年、新東宝映画「白線秘密地帯」でデビュー。「仁義なき戦い」「トラック野郎」などで国民的俳優となる。現在はニッポン放送「日本人の底力」のパーソナリティーも。

次の記事 »

記事一覧

コメント

1960年ごろ生活が苦しくて、
一日おきに晩御飯は、具が何も入っていないうどんを食べていました。当時は小学生だったので、
小学校のお昼の給食で栄養を補給していましたね。

投稿:鈴木 秀雄
2009年8月14日 (金) 10:45

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント