ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和にかえりたい... > 昭和33年9月4日 売店もある豪華列車、特急「あさかぜ」を公開 です。

昭和にかえりたい

昭和33年9月4日 売店もある豪華列車、特急「あさかぜ」を公開

毎日新聞紙面より
毎日新聞紙面より

 この秋東京-博多間にお目見えする特急「あさかぜ」の新車3編成が完成し、4日朝東京駅に展示、午後、東京-平塚間で試運転を行った。製造費は8億円。外観は濃い藍(あい)色の地に明るいクリーム色の3本の線が入ったスマートなもので、後に寝台特急の代名詞となった「ブルートレイン」は、この「青い車体の列車」から採られた。車両は全車冷暖房完備。個室シャワーやラウンジ、売店、電気冷蔵庫のある食堂車のほか、電気カミソリ用のコンセントなども完備され、「走るホテル」とも呼ばれた。

« 前の記事 次の記事 »

記事一覧

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント