池田信『1960年代の東京』路面電車が走る水の都の記憶

国鉄(後のJR)蒲田駅東口。蒲田にあった松竹蒲田撮影所に因んで、1997年からJR蒲田駅の発車メロディは「蒲田行進曲」になった=東京都大田区本蒲田3丁目(後の蒲田5丁目)で 1961年(昭和36年)6月、池田信さん撮影 毎日新聞社刊「1960年代の東京」94ページ掲載

[この場所の当時の地図をみる]

次の写真 »

写真は池田さんが歩んだ順を辿っています。
写真をクリックするとその場所の当時の地図が表示されます。

表紙へ

おすすめ商品

1960年代の東京 路面電車が走る水の都の記憶

1960年代の東京 路面電車が走る水の都の記憶

池田 信
毎日新聞社
価格: ¥ 2,940

おすすめ度の平均: 5.0

5 モノクロ写真がつむぐ懐かしい東京の風景

5 素晴らしいの一言です。

詳細を見る

コメント

この写真を見て、前にみた記憶があると思いました。
私が2さいの時だから覚えてるわけがないのですが。
それほど懐かしく、亡き母に手を引かれて上った駅の階段、駅舎、目の奥が熱くなりました。
写真集を購入します!
貴重な写真をありがとうございます。

投稿:えりんぎ
2008年9月19日 (金) 14:54

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント