ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和の記憶 > ここはどこ?第14回 日本を代表する建物です です。

クイズ昭和の記憶

ここはどこ?第14回 日本を代表する建物です

 橋の欄干越しにどっしりとした西洋建築が見えます。これほどの規模ですから、もちろん日本を代表する建物です。昭和49(1974)年には国の重要文化財に指定されています。撮影は昭和36(1961)年12月。さて、ここはどこでしょう?

 答えはBの日本銀行本店で、今は「旧館」となっています。1896年に完成し、関東大震災や第二次世界大戦を経て、今もほぼ同じ姿で立っていますが、現代の写真では高速道路に遮られてよく見えません。建物の上にある「貯蓄で安定 輸出で発展」という標語が時代を感じさせます。【乗峯滋人】

[この場所の当時の地図をみる]

« 前のクイズ 次のクイズ »

クイズ一覧

コメント

学生時代、親父に連れられて日銀の山際総裁を訪ねた
頃のことを思い出しました。 重厚な扉をあけると総室があり、山際さんが姿を現しました。 親父のいとこに当たる総裁はにこやかに二人を出迎えてくれました。 昭和30年代末 青春の一こまでした。

投稿:hiro
2012年10月 2日 (火) 18:30

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント