ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和の記憶 > ここはどこ?第17回 今も昔も東京の“玄関” です。

クイズ昭和の記憶

ここはどこ?第17回 今も昔も東京の“玄関”

 写真左にはれんが作りの重厚な建物、右には5階建ての大きなビルがあります。中央の広い道路は、路面電車や車が走っており、交通の要所ということが分かります。撮影は、昭和37(1962)年5月です。さて、ここはどこでしょう。

 答えはAの東京です。左は東京駅の丸の内南口、右は昭和6(1931)年完成の東京中央郵便局ビル(郵便局業務は再整備計画のため仮局に移転中)です。いずれも、昭和と現在でほとんど変わっていませんが、その背後にそびえる高層ビル群に46年の月日の流れを感じます。【乗峯滋人】

[この場所の当時の地図をみる]

« 前のクイズ 次のクイズ »

クイズ一覧

コメント

 後楽園球場の巨人戦、都市対抗野球戦を観戦する時に、幼かった私は初台から、母がバスの車掌に東京駅で降ろしてくれるように頼み、一人東京駅で降ろされ、そして丸の内の会社に勤務していた父やその同僚達と中央郵便局前で、数台の白タクを捕まえて後楽園まで何回も観戦に行った事を思い出しました。

投稿:昭和30年生れ
2008年10月16日 (木) 13:37

昭和21年生まれの私が苦学の末に夜間高校を卒業して2年後の昭和41年頃、念願の丸の内の新東京海上ビル内の会社に就職した際に、この中央郵便局には何度となく行きました。大変懐かしい写真です。現在はカナダに移住しており、10年程前に東京観光の目的でカナダ生まれの娘と2人で一時帰国した際には、駅横から観光バスに乗った折にもここの光景は懐かしく今も脳裏にハッキリと焼きついております。

投稿:柳沢進
2008年10月17日 (金) 01:19

目下復元工事中の東京駅丸の内南口付近と、保存か否かで揺れている中央郵便局ですね。丸の内南口は元の乗車口で、神田側の降車口よりも品格があったように思います。中央郵便局前はバスの発着所で、今よりもはるかに多数の系統が集まっていました。世田谷、杉並、武蔵野方面への長距離路線の乗り場でもあったのでよく利用し、待っている間に中央局で珍しい切手を買い込んだものでした。中央局も、原型に復した東京駅とバランスのとれた姿になるように保存してほしいものです。

投稿:こがね丸
2009年3月 8日 (日) 13:29

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント