ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和の記憶 > ここはどこ? 第32回 陸の「灯台」 です。

クイズ昭和の記憶

ここはどこ? 第32回 陸の「灯台」

 丸みを帯びた外観と、突き出た望楼が特徴的な建物で、まるで灯台のようです。撮影は昭和38(1963)年2月。この周辺は当時も今も高級住宅街で、この建物は現存しています。ここはどこでしょう?

 答えはAの高輪です。建物は、当時の高輪消防署、現在は同署二本榎出張所です。この建物は昭和8年に完成。当時は周囲に高い建物がなく、東京湾を一望できたそうで、同署のHPによると、「岸壁上の灯台」とか「海原を行く軍艦」などと評されたということです。

[この場所の当時の地図をみる]

« 前のクイズ 次のクイズ »

クイズ一覧

コメント

懐かしい、日野ルノーが写ってます
ここはいつも通勤で使う道でした。
火の見やぐらも、こうやって周りが囲ってあれば回る人も寒くないのにと、思ってました
(ちなみに渋谷のファイアー通りの日のみやぐらは外を回ってました)
若い人は火の見やぐらの意味も知らないかもしれませんが、僕らの子供のころは、消防士さんが交代で回って、地域の火事を監視してました。

投稿:東京キッズ
2009年2月 8日 (日) 22:15

とても懐かしいですね。
消防署の向かいに高輪警察署があり、バス停の名前が「高輪警察署前」でした。そのバス停と都電(停留所「二本榎木」)のどちらかで6年間、白金小学校に通いました。小学生の私が50年近く昔に満員のバス、都電を使って通った記憶が鮮やかによみがえります。

投稿:白金OB
2009年5月12日 (火) 16:40

写真の左端に、答えがありますよ。看板に高輪営業所と書いてあります。
北千住に現存する、NTTの古い電話局の建物とよく似ています。そちらには灯台部分はありませんが、事務所として使われているようです。

投稿:音頭
2012年2月28日 (火) 20:18

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント