ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和の記憶 > ここはどこ? 有名なホテルがある交差点 です。

クイズ昭和の記憶

ここはどこ? 有名なホテルがある交差点

 坂がある大きな交差点。路面電車、乗用車などが数多く走っています。写真左の建物はホテルです。撮影は昭和36(1961)年11月8日。ここはどこでしょう?

 答えはAの赤坂で、青山通りと外堀通りが交わる赤坂見附交差点です。ホテルは、以前は赤坂プリンスホテルと呼ばれていたグランドプリンスホテル赤坂です(2011年3月末で閉館)。現在は、交差点の上を首都高速が通っています。

[この場所の当時の地図をみる]

« 前のクイズ 次のクイズ »

クイズ一覧

コメント

プリンスホテルの写真の建物は新館の裏手に現存する別館(1960年完成)ではないでしょうか。

投稿:しろくま
2009年6月11日 (木) 07:59

左側木の茂っているところにプールがありましたね。割と庶民的且つタダ券を配っていたので、小学時代に良く行きました。その後にタワーとバブルが!

投稿:子犬
2010年4月29日 (木) 09:33

ココも後に陸橋や高速道路が風景を台無しにしてしまったスポットの一つです。
写真の都電は渋谷から佃島・水天宮を結んでいた9番です。きついカーブと急な勾配に加えて通行量も多く、16トンの車体に多くの乗客を乗せて100馬力しかない電車がモーターをうならせ、あるいは旧式のシステムのブレーキ1本に全てを懸けて往来していたのです。
ちなみに、都の資料によると都電の最急勾配は高輪の魚籃坂で、その値はなんと83パーミル(1キロの距離で83メートルの標高差が生じる勾配)。箱根登山鉄道よりも急な坂だったのです。
写真手前を横切る線路は3番(品川駅――飯田橋)のものです。

投稿:渡邊 一弘
2010年6月29日 (火) 23:29

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント