ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和の記憶 > ここはどこ?第60回 威圧的な建物 です。

クイズ昭和の記憶

ここはどこ?第60回 威圧的な建物

 来るものを威圧するような立派な門構え、窓の少ない壁面、たなびく旗。撮影は昭和39(1964)年12月。さて、ここはどこでしょう。

 答えはAの赤坂です。住所は東京都港区赤坂1丁目、建物はアメリカ大使館です。旧帝国ホテル設計監理のためフランク・ロイド・ライトと共に来日したアントニン・レーモンドが設計しました。現在は平面的な壁面と窓が特徴的な、さらに威圧的なビルに建て替えられていますが、星条旗は変わらずはためいています。

[この場所の当時の地図をみる]

« 前のクイズ 次のクイズ »

クイズ一覧

コメント

レイモンド氏は祖父白石多士良と親交があり、私が育った家はレイモンド夫人が手がけたものです。

投稿:しらいし
2009年11月12日 (木) 17:45

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント