ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和の記憶 > ここはどこ?第68回 巨大なビルと証券会社 です。

クイズ昭和の記憶

ここはどこ?第68回 巨大なビルと証券会社

 写真正面に見える横長のビルが目を引きます。ビルの上にはブリッジのようなものもあり、まるで船のようです。その手前には欄干があり、川が流れているようです。撮影は昭和36(1961)年12月。さて、ここはどこでしょう。ヒントは、写真右のビルにある多くの証券会社の看板です。

 答えはAの日本橋です。正面のビルは1930年建設の三菱倉庫本社ビル、写真右のビルは1928年建設の日証館ビルで、いずれも健在です。すぐ近くに東京証券取引所があり、周辺は日本の金融の中心「兜町」です。橋は、楓(もみじ)川にかかっていた兜橋ですが、川は高速道路建設のため埋め立てられ、橋の痕跡も残っていません。

[この場所の当時の地図をみる]

« 前のクイズ 次のクイズ »

クイズ一覧

コメント

三菱倉庫の反対側に日本橋川が流れていて、
反対側からこのビル見ると、ビルの軒?が水際まで来ていて、堤防にもなっているように見えます。子供のころこの建物ってなんなんだろ?って興味を持っていました。
高速道路下には千代田グリルって大衆レストランがあり、よくお世話になりました。
さらにビルを右に見ながら進むと昭和通りの向かいに野村證券本社ビルがあり、このビルもかなり荘厳でやはり軍艦ビルという愛称らしいです。

投稿:ふうてんのマサ
2010年11月 6日 (土) 22:26

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント