昭和のニュース

三河地震

1945年01月13日

1945105 倒壊した農家=萩原律さん撮影・西尾市役所提供 1945年1月 愛知・西尾市丁田町で

午前3時38分、愛知県の三河湾を震源地とするM7.1の三河地震が発生。死者1961人、負傷者896人、全壊家屋5539戸に達する大きな被害をもたらした。20世紀に日本で発生した地震の中で、死者の数では6番目にあたる大地震だった。しかし戦争中のため、地震発生は報道されず、十分な調査も行われなかった。

<当時の新聞紙面>

1945011402

次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント