ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 花岡鉱山事件 です。

昭和のニュース

花岡鉱山事件

1945年06月30日

1945043 故国へ帰る、犠牲となった中国人労働者の遺骨 1953年7月 東京・東京駅で

1945044 花岡鉱山の中国殉難烈士の碑に参拝する李徳全・中国紅十字会会長
1957年12月14日 秋田・大館

1945045 和解成立後、亡くなった王敏さんの遺影を抱き会見に臨む中江一江さん(右から2人目)。原告たちが和解に向けて書いたメッセージ
2000年11月29日 東京・霞が関の司法記者クラブで

秋田県大館市の旧鹿島組花岡出張所で、強制連行された中国人が飢えや強制労働などで次々と死亡。耐えかねた中国人約800人がほう起した。しかし憲兵隊などが鎮圧し、約100人が拷問などで死亡した。敗戦までの中国人死者は418人に達した。中国側の遺族が1995年6月、鹿島に損害賠償を提訴。2000年11月29日、東京高裁の控訴審で、鹿島が中国赤十字会に5億円を信託、関係者の生活支援や育英資金、慰霊などにあてることで和解した。

<当時の新聞紙面>

1945070102

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント