ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > ソ連が対日宣戦布告 です。

昭和のニュース

ソ連が対日宣戦布告

1945年08月08日

1945088 チャーチル英首相、ルーズベルト米大統領、スターリン・ソ連首相が出席してヨーロッパの戦後処理を決定したヤルタ会談。ソ連は対日参戦を決めた 1945年2月 ソ連・ヤルタ

1945089 国境を越え満州に侵攻するソ連戦車
1945年8月9日 満州

1945090 ソ連軍に武装解除される関東軍 1945年8月 満州・奉天

ソ連が日本に宣戦を布告、満州(中国東北部)や朝鮮などに進撃した。日本とソ連は1941年4月、中立条約に調印して太平洋戦争ぼっ発以降も中立関係を維持した。しかし、45年2月のヤルタ会談で、ソ連は対日参戦することをアメリカとイギリスに確約、条約を一方的に破棄した。ソ連の参戦により満州の日本開拓民約8万3000人が死亡、数千の子供が「孤児」として大陸に残された。

<当時の新聞紙面>

1945081001

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント