ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 「熊沢天皇」名乗り出る です。

昭和のニュース

「熊沢天皇」名乗り出る

1946年01月18日

1945077 南朝の子孫と称し「熊沢天皇」を名乗り出た熊沢寛道氏 1948年4月 

1945078 池袋の路地裏で正統史執筆に執念を燃やす「熊沢天皇」熊沢寛道氏
1955年12月18日 東京・池袋

1945079 民家に「熊沢天皇」法皇庁 1957年 東京・葛飾区

名古屋市で雑貨商を営む熊沢寛道氏が南朝の後醍醐天皇の直系と称し、皇統123代正照王熊沢天皇であると名乗り出たと、GHQの新聞「スターズ・アンド・ストライプス」が報じた。熊沢氏は前年末に、現天皇を追放し自分を即位させるよう要請し、GHQがこれを判断抜きで公表した。熊沢氏後、10人を超える天皇自称者が続出。1951年、熊沢氏は「現天皇不適格」確認を東京地裁に提訴したが却下された。

<当時の新聞紙面>

1946011801

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント