ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 新選挙法で初の総選挙(第22回総選挙) です。

昭和のニュース

新選挙法で初の総選挙(第22回総選挙)

1946年04月10日

1946029 国会の見える焼け跡で選挙運動がスタート 1946年4月 東京・千代田区

1946030 参政権を獲得、投票する女性たち
1946年4月10日 東京・葛飾

1946053 婦人代議士27人で婦人議員クラブを結成。食糧問題を話し合う加藤シヅエ氏ら婦人議員
1946年4月25日 東京・国会で

選挙権者の年齢を25歳から20歳に引き下げ、女性参政権を認めた改正選挙法のもとで戦後初の総選挙が行われた。自由党が141議席を獲得して第1党に。投票率は男性79%、女性67%に達し、高い関心を集めた。39人の女性代議士が誕生し、モンペ姿で初登院した新人議員もいた。9月には地方議会への女性参政権も認められた。

<当時の新聞紙面>

1946041101

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント