ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 第1次吉田内閣成立 です。

昭和のニュース

第1次吉田内閣成立

1946年05月22日

1946024 第1次吉田内閣の閣僚たち。前列中央が吉田茂首相
1946年5月22日 東京・首相官邸前庭

1946038 報道陣に囲まれ、記念撮影のため着席する閣僚たち。後ろは迷彩を施されたままの国会議事堂
1946年5月22日 東京・首相官邸前庭

幣原内閣総辞職後、公職追放となった鳩山一郎の後を受け日本自由党総裁に就任した吉田茂氏は、進歩党との連立内閣を成立させた。新憲法の施行や第2次農地改革、戦時補償打ち切りなどを実施。だが、激しいインフレと労働争議にあい、1947年4月に実施された総選挙で社会党が第1党になったため総辞職。しかし、その後、吉田氏は1954年までに自らの内閣を5次にわたって組織した。

<当時の新聞紙面>

1946052101

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント