ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 南海道大地震 です。

昭和のニュース

南海道大地震

1946年12月21日

1946057 燃える新宮の住宅、7割が焼失した
1946年12月21日 和歌山・新宮

1946058 津波に襲われた高知市内
1946年12月21日 高知・高知市

1946059 倒壊した民家
1946年12月21日 大阪・岸和田市

午前4時19分、M8.1の巨大地震が紀伊半島から四国沖に起こった。被害は死者1330人、家屋全壊1万1590戸。地震による津波は伊豆半島から九州までの沿岸を襲い、三重や徳島などで6mの高さに達し、ハワイやカリフォルニア州にも達した。各地で井戸水や温泉の変化、発光現象などが報告された。

<当時の新聞紙面>

1946122301

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント