昭和のニュース

寿産院事件

1948年01月15日

1948036 寿産院から国立第一病院に保護のため運び出されるえい児たち
1948年1月16日 東京・新宿区柳町

1948038 竹製のベッドに眠る暗い運命のもらい子たち
1948年1月15日 東京・新宿区の寿産院

1948037 押収されたミルクなどの証拠品
1948年1月17日 東京・新宿区の早稲田署

警視庁早稲田署が東京都新宿区柳町の寿産院院長と、その夫を、もらい児の乳児103人を餓死させたとして逮捕した。石川夫婦は新聞などに広告を出し、200人を超える乳幼児を1人につき4000~5000円の養育費とともにもらい受け、食事をろくに与えず死亡させた。配給されたミルクや砂糖などは横流しし、100万円以上を稼いでいた。1952年4月、東京高裁は院長に懲役4年、夫に懲役2年を言い渡した。

<当時の新聞紙面>

1948011799

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント