ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 川島芳子、北京で処刑 です。

昭和のニュース

川島芳子、北京で処刑

1948年03月25日

1948048 男装の麗人、東洋のマタ・ハリと呼ばれた川島芳子 1934年 京都

1948049 満州国安国軍司令官として反満抗日匪賊討伐に当たった川島芳子(左から3人目)
1933年2月26日 満州・熱河

「東洋のマタ・ハリ」と言われた川島芳子(41歳)の死刑が執行された。川島は大陸浪人・川島浪速の養女となり日本名を名乗るようになったが、もとは清朝王族の粛親王第14王女。本名は愛新覚羅顕王子。清朝復興を夢見て関東軍参謀の板垣征四郎大佐らと接触し、日本の対中国謀略工作で暗躍。男装で活動し「男装の麗人」と呼ばれた。1945年秋、国民政府にスパイ容疑で逮捕された。

<当時の新聞紙面>

1948032602

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント