ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 初の日本芸術院賞 です。

昭和のニュース

初の日本芸術院賞

1948年08月21日

1948059 芸術院賞を受賞した伊東深水さん(日本画=左)、藤原義江さん(音楽)  

1948061 芸術院賞を受賞した芝祐泰さん(雅楽=左)、折口信夫さん(文芸)  

1948060 芸術院賞を受賞した杉村春子さん(演劇=左)、野口兼資さん(能楽)  

日本芸術院賞の初の授賞式が行われ、民俗学者の折口信夫氏、オペラ歌手の藤原義江氏、女優の杉村春子さんらが受賞した。同賞は、すぐれた芸術作品や芸術家を顕彰するために1941年に創設された帝国芸術院賞を47年に改名した。49年7月には、新たに日本芸術院令が制定され、芸術の進歩に貢献したと認められる者に恩賜賞が授与されるようになった。

<当時の新聞紙面>

1948081802

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント