ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 昭電疑獄広がる です。

昭和のニュース

昭電疑獄広がる

1948年09月30日

1948052 通信社がリストアップした容疑者の一覧表 1948年10月 東京

1948053 検事正室で取り調べを受ける芦田均首相 1948年11月 東京・霞が関

1948054 昭電疑獄で無罪判決、西尾末広元副総理と話す福田赳夫元大蔵省主計局長 1958年11月 東京

昭和電工への復興金融金庫融資をめぐる昭電疑獄事件の捜査が進展し、栗栖赳夫経済安定本部長官が逮捕された。これより先に重政誠之元農林政務次官、福田赳夫大蔵省主計局長、大野伴睦民主自由党顧問、二宮善基日本興業銀行副総裁らが逮捕されている。10月に西尾末広前副総理も逮捕され、芦田均内閣は10月7日総辞職。12月には芦田も逮捕された。64人の逮捕者のうち44人が起訴されたが、芦田ら大半は無罪。1962年の最高裁判決で日野原、栗栖の有罪が確定した。

<当時の新聞紙面>

1948100101

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント