ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > ドッジ・ライン です。

昭和のニュース

ドッジ・ライン

1949年03月07日

1949049 池田勇人蔵相(左から3人目)らと経済政策について協議するドッジ公使(左から5人目)
1949年3月7日 東京

1949050 GHQ財政顧問ドッジ氏(右)を見送る池田勇人蔵相(中央)、増田甲子七官房長官
1949年10月30日 東京・羽田空港で

GHQの経済顧問として来日したアメリカ、デトロイト銀行頭取ドッジが記者会見で賃金の安定、物価統制、輸出振興など9項目からなる経済安定9原則を発表した。徹底した緊縮予算と1ドル=360円の単一為替レート設定によって日本経済自立化を図ろうというもので、ドッジ・ラインと呼ばれた。この結果、インフレは収束したが、デフレ不況が深刻化した。

<当時の新聞紙面>

1949030801

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント