ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 1ドル=360円の単一為替レートに です。

昭和のニュース

1ドル=360円の単一為替レートに

1949年04月23日

1949070 ドッジ・ラインの立案者GHQ顧問のジョセフ・ドッジ氏  

GHQが1ドル=360円の単一為替レートの設定を発表、25日から実施された。為替のレート設定は、GHQ顧問のドッジが日本経済の安定と自立を目標に打ち出した経済9原則(ドッジ・ライン)に沿って決定された。日本経済はこの日から、1971年8月までの22年間にわたって、1ドル=360円のレートを維持した。

<当時の新聞紙面>

1949042401

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント