ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 日本国有鉄道、日本専売公社発足 です。

昭和のニュース

日本国有鉄道、日本専売公社発足

1949年06月01日

1949020 運輸省と同じビルにある日本国有鉄道本社 1949年6月 東京・千代田区

1949021 国税庁と同じビルにある日本専売公社 1949年6月 東京・千代田区の東拓ビル

1949022 街頭販売をするたばこ宣伝車 1950年 東京

国有鉄道とたばこ、その他の専売事業が公共企業体として改組され、日本国有鉄道、日本専売公社として発足した。GHQの命令によるもので、公共性と企業性の調和を図り、経営の合理化と独立採算性の推進が求められた。しかし、国鉄は戦中から終戦直後にかけて資本を食いつぶし、1948年度は一般会計から300億円の繰り入れで収支のバランスを保つ状態だったため、前途が険しい発足だった。

<当時の新聞紙面>

1949060102

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント