ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > イールズ事件 です。

昭和のニュース

イールズ事件

1949年07月19日

1949036 北大でもイールズ博士の講演を中止させた。学長に会見を求める学生たち
1950年5月16日 北海道・北大・農学部前で

1949037 東北大でイールズ博士講演妨害学生の処分告示を見る学生たち
1950年6月5日 宮城・東北大学

1949038 イールズ声明粉砕の横断幕手にデモ行進をする東大生 1950年5月 東京・数寄屋橋

GHQ民間情報教育局顧問のイールズが新潟大学で「共産党員の教授は大学を去るのが適当だ」と演説した。以後、約30の大学を訪れ同様の演説をした。主張はGHQの意向を代弁したものと受けとられ、小・中・高校の教職員約2000人が解雇された。しかし翌年5月、東北大学と北海道大学では学生たちがイールズの講演会を阻止。学生・大学教員のレッドパージ反対運動が高まった。

<当時の新聞紙面>

1949072002

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント