昭和のニュース

松川事件

1949年08月17日

1949003 脱線転覆したC51蒸気機関車などの列車
1949年8月17日 福島・松川

東北本線金谷川―松川間で青森発上野行きの旅客列車が脱線、転覆して機関士ら3人が死亡。事件は下山事件、三鷹事件の翌月に起き、国鉄の人員整理反対闘争をしていた国労組合員と東芝松川工場の組合員ら20人が逮捕、起訴された。一、二審で死刑をふくむ有罪判決が下されたが、差し戻し審で全員無罪。1963年に無罪確定。下山、三鷹、松川の3事件は国労と共産党の犯行とする当局側の見解に、労組は反発。作家・松本清張はGHQの陰謀説を展開した。

<当時の新聞紙面>

1949081899

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント