ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 「きけわだつみのこえ」刊行 です。

昭和のニュース

「きけわだつみのこえ」刊行

1949年10月20日

1949075 「日本戦没学生の手記 きけわだつみのこえ」1949年10月20日刊、東大協同組合出版部、日本戦没学生手記編集委員会、定価200円  

1949019 全国学生の平和のシンボルとして建立された、わだつみの像 1956年3月 京都・立命館大学

1949074 出陣学徒壮行会。東京・埼玉・千葉77校の出陣学徒と在校生5万人が場内を埋めた
1943年10月21日 東京・明治神宮外苑競技場

1947年12月、東大の学生たちによって東大出身の戦没学生の遺稿集「はるかなる山河に」が出版された。この遺稿集が反響を呼び、全国から寄せられた戦没学生の遺稿75点からなる「きけわだつみのこえ」が刊行され、20数万部のベストセラーとなった。前途ある若者たちが戦争に疑問を抱きながらも押しつぶされ、迫りくる死をどう受け入れたか。本心をついに言えず死んでいった彼らの姿が読者の胸を打ち、戦後の平和運動に大きな影響を与えた。

<当時の新聞紙面>

1949102001

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント