昭和のニュース

桜木町事件

1951年04月24日

1951002 燃える京浜東北線の電車
1951年4月24日 神奈川・横浜

1951003 枠だけが焼け残った車体
1951年4月24日 神奈川・横浜

1951014 担架で運ばれる負傷者。後ろは燃える電車
1951年4月24日 神奈川・横浜・桜木町

午後1時40分ごろ、国電桜木町駅近くで、京浜東北線下り電車のパンタグラフに、切れて垂れ下がった上り線の架線がからみついて発火。前2両の車両が炎上した。この事故で106人が死亡、92人が重軽傷を負った。ドアに非常コックが無く、しかも三段窓の木造車両で乗客が脱出できなかったことが惨事につながった。この事故をきっかけに車両の改造が行われるようになった。

<当時の新聞紙面>

1951042501

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント