ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 日本電信電話公社発足 です。

昭和のニュース

日本電信電話公社発足

1952年08月01日

1952065 市外電話の交換業務に忙しい交換手
1958年10月16日 東京

1952064 電話不足時代。公衆電話ボックスに並ぶが使用可能は一つだけ。電話に行列する人たち 1952年10月 東京

1952063 日本電信電話公社ビル 1961年2月 東京・内幸町

日本電信電話公社が発足した。電気通信省が転じたもので、1869年の創業以来80余年も続いた官営事業が、財務・会計・人事管理などを含めて公共事業体として活動することになった。従業員約15万人、年間予算約700億円、全国の約160万台の電話を扱う電話局と、1万を超える電報取扱局がそのまま電電公社になった。完全に民営化されたのは1985年4月1日。

<当時の新聞紙面>

1952080103

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント