ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 磁気録音テープ生産開始 です。

昭和のニュース

磁気録音テープ生産開始

1952年10月01日

1952050 TDKが1953年に発売したリールタイプの磁気録音テープ=TDK提供 1953年 

1952049 NHK技術研究所、ソニーと共同研究し、放送用テープとして納入したTDKのテープ=TDK提供 1957年 

東京電気工業(現TDK)が発売した、アセテートベース使用の磁気録音テープが好評で、以前から出回っていた東京通信工業(現ソニー)製品と市場を二分した。東京通信工業は1950年に日本初のテープレコーダーを発売、翌年には紙ベース使用の磁気テープも発売していた。これを追って東京電気工業、東北金属、日東電気化学(現日立マクセル)が磁気テープの生産に乗り出した。57年に、NHK音響技術研究所とソニー、TDKが共同開発したテープが、NHKの放送用に採用されて本格的な量産が始まった。

<当時の新聞紙面>

1952100101_2

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント