ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 都内に最初のボウリング場 です。

昭和のニュース

都内に最初のボウリング場

1952年12月20日

1952061 新しい庶民のスポーツ、ボウリング。行列してプレーする人たち
1952年12月20日 東京・神宮外苑

東京・青山に青山ボウリングセンターが完成。わずか21レーンで、一部の愛好者に利用されただけだった。しかしその後、高度経済成長期に爆発的なブームとなり、1972年にはボウリング場は3700カ所、12万レーンに達し、中山律子、須田開代子などの女子プロ選手が大活躍。オイルショックをきっかけにボウリング場は急減。80年代後半に、コンピューター操作のオートマチックスコアラーが導入され、再びブームになった。

<当時の新聞紙面>

1952122007

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント