ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 内灘闘争はじまる です。

昭和のニュース

内灘闘争はじまる

1953年06月02日

1953018 試射場無期限使用決定で試射再開。着弾地点を確認する米兵
1953年6月15日 石川・内灘

1953019 内灘永久接収に反対し石川県庁に押しかけたデモ隊 1953年6月 石川・金沢

1953020 米軍試射場無期限使用に反対して座り込みをする人たち 1953年6月 石川・内灘

日米合同委員会は石川県内灘村の砂丘を米軍試射場として接収すると決定。住民は4月末までの期限つき使用で妥協した。が、政府は方針を変え、6月2日の閣議で砂丘の永久接収・無期限使用を決めた。住民は着弾地点への座り込みで抵抗、北陸鉄道労組も米軍物資の輸送を拒否するなど、労働組合や学生・文化人らを巻き込んだ全国的な基地反対運動に発展した。政府は警官隊を投入し、6月15日、試射再開を強行したが、9月に接収後の補償について政府と地元代表の合意が成立した。

<当時の新聞紙面>

1953061207

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント