ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 青函連絡船「洞爺丸」沈没 です。

昭和のニュース

青函連絡船「洞爺丸」沈没

1954年09月26日

1954057 浜に出て遺体を捜し求める人々、右方に腹を見せているのが沈没した洞爺丸
1954年9月27日 北海道・函館・七重浜

1954058 肉親の眠る沖を見つめ、悲しみに沈む家族
1954年9月28日 北海道・函館・七重浜

1954048 "沈没した洞爺丸(4,337t)"
1953年8月7日 青森・陸奥湾で

台風15号による暴風雨をついて函館港を出港した青函連絡船「洞爺丸」は、海上瞬間風速50mの強風に押し流されエンジンに故障、七重浜で転覆、沈没した。乗客1300人のうち1155人が死亡した。これとは別に青函連絡貨物船4隻も沈没し船員276人が亡くなった。台風は「洞爺丸台風」と呼ばれた。

<当時の新聞紙面>

1954092701

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント