ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 映画「二十四の瞳」公開 です。

昭和のニュース

映画「二十四の瞳」公開

1954年09月14日

1954020 女先生と12人の教え子の結びあう心のきずなを描いた作品 1954年 香川・小豆島

1958059 映画「二十四の瞳」のポスター 1954年 

1958060 第9回毎日映画コンクールで受賞の高峰秀子と出演の子供たち
1955年2月9日 東京・日比谷公会堂

壷井栄原作、木下恵介監督、高峰秀子主演の映画「二十四の瞳」は、小豆島を舞台に分教場の新任女教師と12人の教え子たちの、昭和初期から敗戦後までの20数年間の人生模様を描いた。瀬戸内海の美しい自然を背景に戦争の悲劇を描いた作品に多くの観客が涙した。この年の「キネマ旬報」ベストテン1位。配給収入は2億3000万円。

<当時の新聞紙面>

1954091404

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント