ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 高村光太郎さん死去、73歳 です。

昭和のニュース

高村光太郎さん死去、73歳

1956年04月02日

1956041 詩人、彫刻家の高村光太郎 1955年 

1956042 最後の作品となった「乙女の像」 1956年10月 青森・十和田湖畔

大正・昭和期の詩人・彫刻家。彫刻家・高村光雲の長男として東京に生まれる。東京美術学校で彫刻と西洋画を学び欧米に留学。1909年に帰国後、長沼智恵子さんと結婚した。その間の旧体制との衝突や内面の葛藤が、詩集「道程」(14年刊行)に結実した。妻智恵子さんに先立たれたあと「智恵子抄」を著す。他に翻訳「ロダンの言葉」、彫刻「裸婦像」など独自の芸術家人生をまっとうした。

<当時の新聞紙面>

1956040203

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント