ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 石橋内閣総辞職、第1次岸内閣成立 です。

昭和のニュース

石橋内閣総辞職、第1次岸内閣成立

1957年02月23日

1957044 車イスで入院する石橋湛山首相 1957年2月 東京・杏雲堂病院

1957046 首相指名を受け記者会見する岸信介首相(左手前)
1957年2月24日 東京

1957047 発足した岸内閣の顔ぶれ。キャッチフレーズは「汚職、暴力、貧乏」三悪追放
1957年2月24日 東京・首相官邸

石橋湛山首相はかぜから肺炎を併発して国会の新年度予算案審議に1日も出席できず、岸信介外相を首相代理にあてていた。医師団の総合診断の結果、さらに2カ月の静養を要するとされ、辞任を表明。石橋内閣は発足2カ月で総辞職した。後継首相には岸外相が指名され、岸内閣は石橋内閣の全閣僚を再任して発足した。

<当時の新聞紙面>

1957022301

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント