ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 「チャタレイ夫人」有罪判決 です。

昭和のニュース

「チャタレイ夫人」有罪判決

1957年03月13日

1957050 「チャタレイ夫人の恋人」で有罪判決を言い渡した最高裁大法廷
1957年3月13日 東京・最高裁判所

芸術か、わいせつか、で注目された「チャタレイ事件」の上告審判決公判で最高裁大法廷は2審判決を支持して上告を棄却した。これによりD.H.ローレンス著「チャタレイ夫人の恋人」の日本語版出版元、小山書店の小山久二郎社長の罰金25万円、訳者、伊藤整被告の罰金10万円が確定した。訳本には12カ所の性的描写があり、芸術性はあるが描写は大胆で細かく、社会通念上許される限界を超えた「わいせつ文書」である、とされた。

<当時の新聞紙面>

1957031303

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント