ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 九州西北部大水害 です。

昭和のニュース

九州西北部大水害

1957年07月25日

1957031 川がはんらんして泥水に水没した住宅
1957年7月26日 長崎・諫早市

1957030 本明川の眼鏡橋に流木の山 1957年7月 長崎・諫早市

1957029 泥土や木片に埋まった諫早市内
1957年7月26日 長崎・諫早市

長崎県諌早市から島原半島にかけて、1日で100ミリを超す記録的豪雨に襲われた。島原半島で山津波が続発したのをはじめ各地で河川がはんらん、熊本、佐賀県でも被害が続出した。この豪雨による死者は856人、行方不は136人を数え、家屋流失469戸、全半壊2086戸、田畑被害は4万3566ヘクタールに及んだ。

<当時の新聞紙面>

1957072601

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント