ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 第1回日劇ウエスタンカーニバル です。

昭和のニュース

第1回日劇ウエスタンカーニバル

1958年02月08日

1958003 立ち上がって熱狂するファン
1958年2月13日 東京・日本劇場

1958004 東西対抗ロカビリー、舞台につめかけるファン
1958年3月28日 東京・共立講堂

ロカビリーが若者の間で大流行、「第1回日劇ウエスタンカーニバル」は初日だけで9500人、1週間で4万5000人を動員した。エレキギターを弾きながら全身をけいれんさせるようにして歌う歌手の姿にハイティーンの少女たちは熱狂した。「ロカビリー3人男」の山下敬二郎、平尾昌晃、ミッキー・カーチスをはじめ、小坂一也、水原弘、坂本九、飯田久彦らの人気歌手がこの舞台から育っていった。

<当時の新聞紙面>

1958031405

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

都内の高校を卒業、銀座ACBに通い、ロカビリー
に夢中になったあのころ。特に森山加代子の笑顔が
好きだった。音楽的には、modern jazzとは比較にならないが、若い情熱では負けていなかった。3人の中では
平尾昌章が好きだった。 半世紀が過ぎてしまった。

投稿:hiro14
2011年1月 6日 (木) 11:11

1960年夏の日劇ウエスタンカーニバルにバトンで出演しました。
あの歌手達を引き連れ舞台でパレードしました。
懐かしいです。

投稿:Aic
2011年1月22日 (土) 00:27

This piece of writing presents clear idea designed for the new viewers of blogging, that really how to do running a blog.

投稿:google authorship markup
2013年12月21日 (土) 21:23

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント