ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 小松川女高生絞殺事件 です。

昭和のニュース

小松川女高生絞殺事件

1958年08月21日

1958023 女子高校生が殺されていた小松川高校の屋上 1958年8月 東京・江戸川区

1958024 犯人のものと見られる血の手形のついた階段を調べる係員
1958年8月25日 東京・江戸川区小松川高校

1958025 始業式で、黙とうをささげる定時制の女生徒たち
1958年9月1日 東京・江戸川区の小松川高校で

東京都江戸川区の小松川高校屋上で、定時制2年の女生徒(16歳)が同1年男生徒(18歳)に絞殺された。男生徒は死体を隠して警察や新聞社に「屋上に死体がある」と電話、死体が発見された。男生徒は被害者宅や警察に遺品を送るなど「完全犯罪」をもくろんで異常な言動をとったが、9月1日に逮捕された。4月にも自宅近くで家事手伝いの女性(23歳)を殺害していた。東京地裁で死刑判決を受け、控訴、上告したが棄却され死刑が確定した。

<当時の新聞紙面>

1958082209

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント