ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 南極のタロとジロ生存 です。

昭和のニュース

南極のタロとジロ生存

1959年01月14日

1959020 タロとジロと再会した永田隊長(左)と北村隊員 1959年1月 南極

1959018 そりを引き活躍する樺太犬 1958年 南極

1959019 氷原にキャンプする越冬隊 1958年 南極

第3次南極観測隊が昭和基地に到着、前年置き去りにした15頭のカラフト犬のうち「タロ」「ジロ」の2頭の生存を確認した。第2次隊が越冬に失敗し犬を置き去りに帰国したことに落胆していた国民は、2頭生存のニュースに喝さいを送った。2頭の物語は映画にもなった。「ジロ」は南極で死亡したが、「タロ」は帰国後も北海道大学の植物園で飼育され1970年まで生きた。

<当時の新聞紙面>

1959011601

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント