ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 緑のおばさん登場 です。

昭和のニュース

緑のおばさん登場

1959年11月19日

1959022 交通巡査から実地指導を受ける緑のおばさんたち
1959年11月17日 東京・台東区上野車坂交差点

1959023 子供たちの手を引いて横断させる緑のおばさん 1960年8月 東京・銀座の泰明小学校前

1959024 緑のおばさんに感謝状を贈る小学生
1960年2月10日 東京・新宿の戸山小学校で

小学生の登下校時に交通整理にあたる「緑のおばさん」が街頭に立った。緑の制服に黄色い腕章で黄色い旗を振った。正式名称は「学童擁護員」。東京都労働局が、母子世帯の失業対策事業として都内732の公立小学校へ1464人の配置を計画した。勤務時間は午前中2時間、午後3時間で、日当は当初315円。1961年には神奈川県にも配置され、各地に広がった。

<当時の新聞紙面>

1959112007

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント