ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 水俣病で漁民が工場乱入 です。

昭和のニュース

水俣病で漁民が工場乱入

1959年11月02日

1959041 汚染の特にひどい水俣湾沿岸では漁に出ても魚が売れず、船だまりに係留されたままの漁船 1960年4月 熊本・水俣

1959042 工場排水が水俣病の原因となった新日本窒素水俣工場 1960年4月 熊本・水俣

水俣病のために操業できなくなった熊本県不知火海沿岸の漁民2000人が、水俣市立病院で国会調査団に対策を陳情した後、市内をデモ行進。海を汚染したと見られていた新日本窒素肥料(現・チッソ)水俣工場に押しかけた。漁民は工場内に乱入して警官隊約250人ともみ合い、保安事務所や工場長室などの設備を破壊した。この騒ぎで漁民、工場側、警官隊に数十人の重軽傷者が出た。

<当時の新聞紙面>

1959110311

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント