ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 三池労組第1、第2組合が激突 です。

昭和のニュース

三池労組第1、第2組合が激突

1960年03月28日

1960006 ピケをはる組合員へなぐり込みをかける暴力団員
1960年3月29日 福岡・四山鉱正門

1960057 塀を乗り越え鉱業所内に入る第2組合員
1960年3月28日 福岡・大牟田の三池鉱で

1960058 重傷者に思わず目頭を押さえる三池労組の主婦会員
1960年3月29日 福岡・三井四山鉱の炭住で

ロックアウトと無期限ストが続く三池炭鉱で、会社側は生産再開をめざし新労組(第2組合)だけにロックアウトを解除、就労を強行した。三池労(第1組合)と各所で衝突、1000人以上が乱闘の末、115人が重軽傷を負った。四川鉱でも17人が負傷した。翌29日には三鉱労がピケを張っていたところに新労組を支援する暴力団員がナイフで襲いかかり、労組員1人を刺殺、社会問題になった。

<当時の新聞紙面>

1960032901

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント