ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 日本の映画館数、史上最高に です。

昭和のニュース

日本の映画館数、史上最高に

1960年03月24日

1960047 映画館が軒を連ねる日比谷の映画街 1963年5月 東京・千代田区

1960048 大衆演劇場や映画館のある興行街、新世界。そびえるのは通天閣
1962年8月23日 大阪・浪速区

映画館の数が、全国で7457館となり史上最高を記録した。入場者数では、1958年の11億2745万人が最高で、その前年に初めて10億人を超え、以降60年まで4年間は10億人台を保った。当時、映画は娯楽の王様で、一流大学の学生がこぞって映画会社の入社試験を受けたほど。しかし、テレビの台頭によって61年からは下降線をたどった。2000年の入場者数は1億3539万人、映画館数2524に激減している。

<当時の新聞紙面>

1960032403

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント