ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 「マツダクーペ」発表 です。

昭和のニュース

「マツダクーペ」発表

1960年04月30日

1960027 マツダの軽自動車「R360クーペ」 1960年 

マツダの軽自動車「R360クーペ」がお目見えした。軽量化したボディーに356cc空冷2気筒OHVエンジンを搭載し、リッターあたり32キロの低燃費を実現。手ごろな30万円という販売価格もあって、この年12月には月販4090台を達成。1958年3月には、「てんとう虫」の愛称で人気があった「スバル360」を富士重工業が、59年8月には日産自動車が「ダットサンブルーバード」を、61年6月にトヨタが「パブリカ」をそれぞれ発売、本格的なマイカー時代の到来を告げた。

<当時の新聞紙面>

1960042304

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

この車、何人乗れるのかな?
見たところ2人乗りかな?

うちには当時スバル360があって、家族5人でぎゅうぎゅう乗ってましたけどね。
楽しかったな。

投稿:とらくま
2009年1月20日 (火) 06:10

確か4人乗りだったと思う。
後部座席が頭部を圧迫するということで
キャロルが開発された。
頭部空間は確かに改良されたが、いかんせん
360ccエンジンは非力で、急な坂道になると
2~3名が降りて後ろから押した記憶がある。

投稿:ぬこ
2009年1月20日 (火) 14:00

間違いなく4人乗りでした。ただし後部座席は限りなく狭くて小学生でもやっとといったものでした。
空冷エンジンもスバル360と同様山を登るのに四苦八苦してました。もっとも外車でも当時は六甲山を登るのにオーバーヒートもしてましたので、無理からぬ話ですが。

投稿:こうちゃん
2009年1月23日 (金) 18:52

40年前、この車で大阪から九州一周一人旅をしました。車の調子は、お世辞にも快適だったとは言えませんが、なんとも愛嬌有るスタイルと、乾いたエキゾーストノイズが印象的です。私にとって思い出が一杯詰まった懐かしい車です。

投稿:あしや
2009年4月23日 (木) 18:06

懐かしいですね。
私が中学生の時でした。
先生が乗ってこられ、車を揺すったら、車全体が
ふわふわし、すごく柔らかな車、乗り心地も良さそうな印象を受けました。

投稿:渋谷次夫
2009年4月29日 (水) 06:26

懐かしいですね。
ちょうど中学生で当時、美術の先生が学校へこれに乗ってきていました。
今では考えられない位ふわふわサスペンションだったことを、思い出しました。 4人乗りでしたが、後ろの席は御飾りと思えるくらい狭かったです。
日本のいい時代の象徴かも知れません。
たまにレストアショップで見ますが、新車価格の数倍の値段で売られていました。

投稿:キヨちゃん
2009年4月29日 (水) 17:24

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント