ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 高島屋がクレジットカード導入 です。

昭和のニュース

高島屋がクレジットカード導入

1960年12月01日

1960071 1968年に高島屋で使用されていたクレジットカード(見本)=高島屋提供  

高島屋が三和銀行と提携、クレジットカードによる商品の販売を始めた。百貨店と都市銀行のクレジット業務提携は国内初。名称は「お買い物預金制度」。三和銀行が希望者に10万円または5万円の定期預金をさせ、預金額と同額の限度枠の「お買い物カード」を発行、客は現金を持たずに、このカードで商品購入ができる。高島屋は翌年には、住友、大和、三菱、日本勧業などの銀行や新しく設立された信販会社とも提携を広げた。

<当時の新聞紙面>

1960111504

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント