ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 名張市の毒ブドウ酒事件 です。

昭和のニュース

名張市の毒ブドウ酒事件

1961年03月28日

1961049 ブドウ酒を飲んだ女性15人が倒れた現場
1961年3月28日 三重・名張市の公民館

1961050 残されたブドウ酒を検査する係員
1961年3月30日 三重・名張市

三重県名張市の公民館で行われた「生活改善クラブ三奈の会」の役員改選総会で、乾杯のブドウ酒を飲んだ女子会員5人が死亡した。「三奈の会」の元会長が逮捕され、1964年の一審判決は証拠不十分で無罪だったが、二審は一転して死刑。最高裁も二審判決を支持し、上告を棄却した。元会長の奥西勝死刑囚は裁判のやり直しを求め、2005年に再審開始が認められたが、名古屋高裁は2012年5月25日の再審請求差し戻し審で、再審開始を取り消す判断を下した。

<当時の新聞紙面>

1961032901

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント