ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 「宴のあと」名誉棄損事件 です。

昭和のニュース

「宴のあと」名誉棄損事件

1961年03月15日

1961051 都知事選に立候補した有田八郎元外相 1959年3月 東京

1961052 「プライバシーの侵害」の判決後、記者会見する左から菅野弁護士、三島由紀夫氏、伊藤整氏
1964年9月28日 東京・司法記者クラブで

有田八郎元外相が、小説「宴のあと」によってプライバシーを侵害されたとして、作者の三島由紀夫氏と出版元の新潮社社長らを告訴した。有田氏はこの小説のモデルと噂されていた。プライバシー侵害を理由とした訴訟は日本で初めて。1964年、東京地裁はプライバシー権を認め、原告勝訴の判決を下した。双方は5年後に和解した。

<当時の新聞紙面>

1961031607

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント