ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 本州・九州で集中豪雨 です。

昭和のニュース

本州・九州で集中豪雨

1961年06月24日

1961019 天竜川の堤防が決壊、泥流に埋まった家屋
1961年6月28日 長野・飯田

1961020 バス停は浸水、渡り板でバスに乗り込む乗客
1961年6月26日 愛知・名古屋駅前

1961021 国鉄元町駅付近の道路を流れる濁流
1961年6月27日 兵庫・神戸市内で

6月24日から7月5日にかけて梅雨前線が活発化、本州・九州各地を集中豪雨が襲った。大阪、京都、奈良、愛知、長野など各府県で大きな被害が出た。特に長野県飯田市を中心とする伊那谷は、天竜川のはんらんや地滑りで被害が甚大だった。全国の死者は357人、被害家屋43万戸にのぼった。

<当時の新聞紙面>

1961062611

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント