ここから本文です。現在の位置は 昭和毎日トップ > 昭和のニュース > 台風18号来襲 です。

昭和のニュース

台風18号来襲

1961年09月15日

1961025 高潮! 一瞬濁流の街。泥水と流木に埋まり自動車も立ち往生
1961年9月16日 大阪・大阪市港区三条通り

1961026 2日目も水が引かず、手製のイカダで屋根の上に孤立する被災者におにぎりを配給
1961年9月17日 大阪・大阪市西淀川区大和田町

1961027 高潮で一瞬のうちに押しつぶされた民家
1961年9月17日 和歌山・田辺市

四国から近畿地方にかけて、台風18号が縦断。最大瞬間風速84.5mに及ぶ強風が吹き荒れ、近畿地方を中心に大きな被害をもたらした。死者194人、行方不明者8人、負傷者4972人、被害家屋98万戸を数えたほか、農作物の損害も甚大。高知県の室戸岬を通過し大阪湾から上陸したことから、「第二室戸台風」と命名された。

<当時の新聞紙面>

1961091701

« 前のニュース 次のニュース »

ニュース年表

コメント

コメントを投稿

コメントは毎日jp編集部が承認するまで表示されません。
平日10:00~18:00の営業時間帯に承認作業を行ないます。

携帯版「昭和毎日」はじめました

なつかし商品情報

毎日フォトバンク

新着コメント